HOME>ホットトピックス>まずはどんな症状の時に効能を発揮するのか知ることが大切です

効能を知ろう

高麗人蔘

オンジは、漢方に用いられる生薬の一つです。イトヒメハギの根を基に作られるもので、その効能は遥か昔より、物忘れに効き目があるとされてきました。そのことは、オンジの名前とも関係しています。志が遠大になるという意味で、オンジ(遠志)と名付けられたのです。2015年に厚生労働省が、中年期以降の物忘れの改善に効果があることを記載し、そのことより多くの会社がオンジを研究し、物忘れの改善薬が作られました。ですが、ここで言う物忘れというのは、加齢に伴う物忘れのことであり、軽度認知障害やアルツハイマー型認知症などの予防や治療には効果を発揮することは確認されてはいません。そのため、使用する時には症状に注意することが大切です。

成分について

男性

成分は、オンジサポニン、テヌイフォリン、ケイヒ酸誘導体、キサントン類があります。オンジを含む漢方薬を使う時には、まずは成分についても知っておくことが必要です。これらの成分が、衰えてきている記憶の改善に効果をもたらしてくれるのです。

どんな漢方に使われているか

サプリ服用

オンジが使われている漢方薬は、帰脾湯(虚弱の人や貧血の人に用いられる)、加味帰脾湯(疲れやすく、眠りが浅い人)、人参養栄湯(貧血、体がだるい人)、加味温胆湯(腎腸機能、神経症、ストレスによる不眠)に含まれています。

広告募集中