HOME>注目記事>市販で手に入れることもできれば医療機関で相談も可能

事前にしておくべきことをチェック

錠剤

オンジという薬は、イトヒメハギの根の部分を生薬にして作った東洋医学に基づいた漢方薬のため、服用にあたっては事前の準備が求められます。最近どうも人の名前が出てこないとか、何をしにここへ来たのだったかといった症状が出てきたら、中高年特有の脳の機能の衰えを疑いましょう。これらは物忘れの典型的な症状ですので、自分自身で脳が衰えてきたと認識することが早めの対策につながるからです。誰しも老いは認めたくありませんが、放置しておくと物忘れは加速していきますので、早めにオンジを摂取することが対策につながります。どこへ行ったら手に入るかなども含め、事前に調べておくと次に取るべき行動もおのずと見えてくるとあって、まずは自分自身の自覚が大事です。

選択肢によって事前の準備は変化する

錠剤

現在、オンジを主成分とする物忘れ対策のための医薬品は、複数の製薬会社が作っており、ドラッグストアで手軽に購入できるものもあります。ドラッグストアで販売されている医薬品では、オンジという成分をそのまま薬の名称にしていることが少なく、大半は物忘れにかけた名前になっているのが特徴です。ドラッグストアで購入する場合は、どれがオンジを含む薬なのかを見分けるために成分表をよく見ることと、成分含有量が見極められるようになっておきましょう。

医療機関でお願いするなら

サプリ

オンジは生薬のため医療機関で漢方薬として処方されるため、ドラッグストアで買うと高額になりがちな漢方薬は医療機関で処方してもらうのがおすすめです。医療機関でオンジを手に入れるにあたっては、まず漢方専門医がいる医療機関を探すことが、最初に必要な準備となります。医療機関でオンジを処方してもらうのに必要な申込方法は特にありませんが、物忘れなのか認知症なのかの検査があると考えておいた方がいいでしょう。年齢による記憶力の低下であれば、問題なく処方されますし、医薬品代も3割負担で済んで軽減されます。

広告募集中